葬儀はおもてなしが求められます

葬儀は故人を送る儀式であり、家族や親族だけではなく、友人の方や会社の同僚、近所の方など縁ある方全てが集まるセレモニーとなります。そのため、葬儀に足を運ばれた方に対してのおもてなしについても考える必要があり、それを怠ってしまうと故人や喪主だけでなく、家系そのものの印象に影響してしまいます。例えば、香典返しは参列者にたいして感謝の気持ちを表すものであり、決まった相場はありませんが、世間的には香典の半額程度のもが望ましい形となるため、不必要に安いものを渡してしまっては印象が悪くなります。また、通夜の席では参列者を簡単な料理と飲み物でおもてなしをする通夜振る舞いがあり、以前は親族のみに振る舞われていたものでも、最近では一般手参列者全員を対象に用意する傾向になってきました。

ところが、そういった事情をしらずに通夜振る舞いを付けなかったり、葬儀経験者の方から必要がないというアドバイスを鵜呑みにしてしまうなど、用意がなければこちらの事情は関係なしに参列者からは良い印象は持たれません。まずは地域性や最近の葬儀の傾向などを業者から聞くなど必要性のある項目はかならずチェックしておくようにしましょう。葬儀は参列者の方からの香典によっても成り立っており、喪主をはじめとして残された家族は時間的にも体力的にも簡単な挨拶程度しか感謝の気持ちを直接お伝えすることが出来ません。間接的に感謝の気持ちを表す手段として香典返しや通夜振る舞いがあることを忘れないようにしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です