最近の葬儀スタイルとは

葬儀は亡くなってしまった方への最後のお別れの儀式です。一般的な葬儀のスタイルは、故人の家族、親族、友人や会社の同僚、近所の方など縁のある方全てを対象とした一般葬であり、広い会場の手配や、大きな祭壇や献花、通夜振る舞いなどの料理の手配、香典返しなどを用意する必要があるため、非常に高額な費用がかかります。最近ではプラン別で規模が選択できるため、適切なプランのものを選択することで費用を抑えることが可能となりました。そして、ある程度の費用は参列者の方から頂く香典をあてることが出来るため、一定以上の参列者が見込める場合は、一般葬を選択することが良いとされています。

それに対し、参列者の数が少ない場合は、家族や少数の親族、友人だけで行う家族葬や、通夜と告別式などのセレモニーを行わない火葬のみの直送など小規模の葬儀スタイルを選択することでより費用を抑えることが可能となります。最近はこういった小規模スタイルが多くなり、特に都心部では顕著にみられています。都心部は地方にくらべて近所付き合いがあまりないことや、親族が遠方にいることなどから参列しにくいといった理由があります。また、儀式的なことにお金をかけることに疑問に思われる方や、残された家族の経済的負担を考えている方など、生前から小規模の葬儀を望まれる方も大勢いらっしゃいます。

小規模なものでも、クオリティの高い葬儀は十分可能ですので、さまざまなプランを比べ、適切なものを選択することが重要といえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です