葬儀のいろいろな種類

葬儀にはいろいろな種類がありますので、知っておくようにしましょう。最近とてもたくさん行われるようになってきたものが、家族葬です。家族葬とは、参列者を家族や家族に準ずる人たちだけで行う葬儀のことです。参列者が家族や家族に準ずる人たちだけと限定されていることが特徴で、他は一般葬と同じです。

一般の人が参列することはなく、通夜と葬儀の式を行います。規模が小さかったり、人数が少ないから、家族葬になるわけではありません。一般葬よりも多くなることもありますし、規模も大きくなることもあります。お身内葬は家族葬と違って、はっきりと参列者の限定を行いません。

職場や近所に訃報は出しませんが、告別式に知人などが参列することはあります。一般葬は、付き合いがあった方たちにお知らせをしますし、たくさんの一般の方に参列してもらうことになります。職場や近所にも訃報は出します。直葬とは、通夜も告別式も省略して、自宅から火葬場へ直接ご遺体を運んで、火葬するというものです。

宗教的儀式は一切行いません。ただ、後から本葬を行うということがあります。密葬は、一般の人たちの参列をすべて断り、基本的には家族だけで通夜と葬儀の式を行います。告別式は行わないで、後から、一般の人にも参列してもらう本葬をとり行います。

家族葬と混同してしまいそうになりますが、密葬は家族だけで行うもので、家族葬は家族と家族に準じる人たちが参列するものです。葬儀にはいろいろな種類があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です