葬儀の家族葬について

葬儀でとても多くなってきているものに、家族葬があります。家族葬とはどのようなものか、知っておくようにしましょう。家族葬で参列する人の範囲については、事前に話しあっておくようにすることが大切です。家族と家族に準ずる人となっていますが、兄弟も含まれるのか、親戚も含まれるのかなど、いろいろと範囲は違ってきます。

そのため、事前に話し合っておくようにしましょう。また、香典や供花を受け取らないことが多いのですが、受け取るのか受け取らないのかについても、しっかりと話しあっておきます。辞退する場合は、訃報に香典や供花を辞退するということについて、書いておくようにします。ただ、それでも香典を持参される人もいるので、その場合のために、辞退するとしていても、通夜料理の準備や返礼品の準備をしておいた方がよいです。

家族葬の場合、通夜も葬儀も行います。ただ、式場の外に看板などを設置しないことが多いです。葬儀は行いますが、告別式は行いません。家族だけで見送るということが基本であるため、ゆっくりと最後のお別れをすることが出来ます。

葬儀が終わった後、死亡通知を出す場合は、故人の遺志や家族の希望で、家族だけで見送った葬儀だったということについて、挨拶文に書き添えておくようにします。家族葬の場合は色々と一般の式とは違ってくることが多いです。とても大切なことは、参列者の範囲ですので、事前にしっかりと話しあっておくようにしましょう。市川で葬儀のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です