あの世にいくのでれば自然葬がいいのか

人は死んだら火葬されて、お墓へ戻るというかたちが、日本では戦後からとられていますが、最近ではお墓ではなく海や山などに灰をまいて自然に帰るという傾向が増えています。理由はいろいろで、まずは死に対する価値観です。お墓に入るのではなくて広大な自然の元に帰ることで自分たちの魂が生まれかわるということです。本来、生き物は自然界のありとあらゆる要因が加わり、かつ原子や分子が集まり、一つの個体が発生しているわけです。

死を迎えて仏になるのではなく、元の状態に戻ることで魂が救われると言われています。つまり現代人は、自然へ帰りたいと思いが強くなっていると言って過言ではないです。第2に、少子化でお墓の管理ができないことです。お墓は代々受け継ぐことになっていますが、子ども数が少なくなると受け継ぐ人も必然的に減っていきます。

残されて身内に負担をかけないためにも生前から、自然葬を伝えている傾向があります。第3に、お墓をつくるほどの土地がないことです。狭い日本で、特に都心部では土地が値上がりしており、お墓でも数百万かかりますので、つくるくらいなら要らないという考え方です。自然葬は現在でも途上国で多く見られます。

日本でも戦前までは自然葬が多かったのですが、衛生面や死に対する考え方などが現在のお墓という構図になっています。狭いお墓に入るよりは、自然界に戻ることで、また生まれかわるのもいいかもしれません。人の価値観は多様なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です