いくつかの種類がある自然葬

最近、形式や洋式に囚われずに自由に何かをしたいという風潮が目立ってきており、その中のひとつに自然葬と呼ばれるものがあります。これは従来の様式である墓石に遺骨や遺灰を埋葬するという方法ではなく、自然の中にあるものを墓標とすることで自由に埋葬することができるものとなっています。自然葬のメリットは宗教などに囚われていないということであり、宗教によって利用することが限定される埋葬方法やしがらみもなく、自由に埋葬することができます。また、墓石など高額なものを購入しなくていいことや墓石の管理をする手間がなく、霊園などに墓石を管理してもらう管理費用なども必要なくなります。

これによって死後の世話と言う手間を省くことができるようになっているほか、核家族化が進行していることによって管理する人がいなくなるという不安を除去することができるわけです。そんな自然葬にはいくつかの種類がありますが、もちろん注意点が存在します。まず、自然の中に埋葬すると言ってもどこにでも埋葬していいというわけではありません。特に樹木葬に関しては墓地や霊園内にあるものを使用するという制限があり、勝手に埋葬すると法律に引っかかる場合もあります。

また、他人の土地の中に勝手に埋葬するということもできませんし、埋葬する場合は自分たちや本人の意志だけではなく親戚などにもきちんと了承を取っておくことが大切です。それによって余計なトラブルを回避することができるので、非常に重要な注意点となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です