自然葬とはどういうものなのか

現代の日本ではなくなってしまった人は火葬を行い、骨壺に納骨して墓石の下に眠っていただくのが一般的なスタイルとなっています。ほかの国では異なる方法がいくつかありますが日本の法律上ではこのスタイルが基本となっており、ほかのスタイルで実施する場合は気を付けておかなければ不法投棄として処罰されてしまう場合もあります。ですが、最近では昔と違って核家族化が進行してきており、墓の管理に関しても寺院など管理しているところに委託したままになっていることも少なくないようです。場合によっては墓に入ることもできずに無縁仏として集団で埋葬されてしまうということもあり、死後の管理に関しては見直しが必要となってきていると言われています。

そんな中で注目を集めているのが自然葬と呼ばれるものであり、これは名前の通り自然の中にあるものを墓標として死者を埋葬する方法となっています。自然葬で墓標とされているものは多種多様に存在しており、海や木々など本当に自然の中にあるものを利用してその周辺に埋葬するというスタイルになっています。自然葬のメリットは墓石などの管理が必要となるものがないということであり、墓標となるものが自然界にあるものなので無理に自分たちで管理するという必要性がなくなります。なので管理の手間を省くことができるほか、費用の面でも非常に助かることから最近では利用を検討する人が増えてきており、自然葬を推奨する団体も増えてきています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です