自然葬の注意点について

自然葬とは、石碑を立てたお墓を作るのではなく、自然の大きな循環の中に回帰していこうとする埋葬の方法です。墓地や霊園を造らない自然葬は、環境にも優しい葬儀法として注目を集めています。ただし、散骨は「葬儀」ではなく、埋葬方法の一つです。葬儀は別の場所で執り行い、後日、自然葬のため散骨を行います。

自然葬は、海、山、空など、自然の中に散骨することを言います。自然の中にご遺骨をただ撒くのではなく、自然環境にも留意しながら散骨を実施しています。海の散骨では、体験クルーズなども組まれ、最後に亡くなられた方の好きだったお花等を海に一緒に埋葬し、葬儀を執り行います。また空での自然葬も最終的には海にお遺灰をお返しします。

亡くなられた方の故郷や、ご自宅の上を飛行機で旋回し、空の上から海に向かって散骨を実施します。ただし、散骨をする際は、注意すべき点もあります。過去には、無断で他人の私有地に散骨してしまい、トラブルになってしまった等という実例があるようです。遺族にとっては大事な遺骨かもしれませんが、他の人にとってはやはり不気味なものです。

散骨する場合は、散骨をして良い場所なのか、事前にきちんと確認しておく必要がありそうです。近年では少子化の影響や、地方の人が都内に住むことなどによりお墓を継承する人が減ってきています。無縁仏なども問題になっている昨今では、お墓を継承する人がいなくても良いという事もメリットと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です