自然葬に関しての情報

自然葬というのは、墓石などに遺灰や遺体を納める葬送ではなく、自然の中に還すことを目的とした葬送の方法のことを指します。散骨などと同義とされており、ほかにも鳥葬や水葬、風葬、土葬、火葬などもこれに該当します。この葬送方式は、埋葬者が墓石に閉じ込められるよりも自然に還りたいという願いを持って行われる場合と、里山などの自然に人工物を置かないようにするために行われる場合とがあります。自然葬は世界各地で行われていることでもあり、場合によっては宗教が関わっていることも多いとされています。

古代の日本でもこういった葬送の手段が採用されており、様々な文献や資料にて自然葬が行われていたことが記載されており、今日でも伝えられています。日本では、江戸中期以降に庶民であっても墓を作るようになっており、現在のような埋葬の仕方をするようになった歴史自体はさほど長くないとされています。ただ、どうしてもお墓を残したい、という人も大勢いるのも実状とされ、本人は自然葬を願っても実際には墓を作られてそこに埋葬してしまう、といったケースもあります。近年では、自然葬をメインに実施している業者もあり、そういった業者では利用者にとって安心できるプランなども提示しています。

葬式というとお金が掛かって手間ばかりのものと思われがちですが、自然に還す葬送であれば墓石を購入する手間もなく、墓石に向かって拝むといったことをする必要はないというのも特徴です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です