自然葬の種類について

自然葬とは名前の通り、自然の中に遺灰や遺骨を撒くという特殊な埋葬方法となっており、宗教などに関係なく利用することができるとして最近注目を集めています。また、墓石など管理が必要になるものに関して疑問を持っている人が増えてきていることや、核家族化によって墓石の管理が難しくなっていることもあるため、利用を希望している人が徐々に増えてきている傾向があります。そんな自然葬にはいくつか種類があり、有名なものとして樹木葬と散骨があります。樹木葬は名前の通り木々の下に遺骨などを埋葬する方法となっており、里山型と公園型の2種類があります。

里山型は最も自然な埋葬方法であり、人が使いやすいように手入れされた森林などに埋葬する方法となっているほか、公園型は墓地内のシンボルツリーなどに埋葬する方法となっています。ただ、どこでもいいというわけではなく指定された場所でのみ利用することができるものとなっているので、注意が必要です。そして散骨は山や海などの自然界に遺骨や遺灰を撒くという埋葬方法となっており、指定された場所に撒くというわけではないのである意味どこでも利用することができる方法と言うことになっています。そのため思い出の場所などに利用することができるため、最も利用しやすい自然葬です。

このように自然を墓標として利用することができるものとなっていますが、場合によっては法律に触れてしまうこともあるので、利用する場合は事前にどのようにすればいいのかを確認してから行う必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です