自然葬を行う際の手順と最低限守ってほしいこと

人は死ぬと先祖代々のお墓に入るというのが日本人の基本的な考え方でした。しかし、最近では自分の亡骸は自然の中に還してほしいと考える人が少しずつ増えてきています。それは、血縁関係をなにより重視するという思想が次第に希薄になってきたのと同時に、永眠をするなら暗い石室より大自然に抱かれて眠りたいと考える人が増えてきたからです。また現実的な話、従来の葬儀に比べて費用が格段に安いということも自然葬を選択する理由のひとつに挙げられます。

勘違いしないでほしいのは自然葬というのは遺体をそのまま山や海に捨てることではありません。そんなことをすれば遺体遺棄罪で逮捕はまぬがれないでしょう。日本では遺体は火葬しなければならないと法律で定められているのです。自然葬を行う手順としては、まず、葬儀社に連絡して遺体を火葬場に運びます。

それから霊安室で死後24時間以上経過するのを待ってから火葬をし、火葬が終われば骨を拾って骨壺の中に収めます。この辺りは従来の葬儀となんら変わりはありません。骨を持ち帰ると今度はそれを細かく砕いて遺灰にしなければなりません。骨と分かる状態でその辺にまいたのでは、発見された時に騒ぎになるからです。

骨を砕き終えれば後はそれを自然に還すだけですが、これにも配慮が必要です。公海に散骨するのであれば問題はないのですが、山や野原で行う時は必ず所有者に許可をもらっておきましょう。そうしないと後々もめごとの種になる可能性があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です