日本における自然葬の定義や死生観の変容について

自然葬は遺骨や遺体を山や海などに還す行為を指します。通常は遺骨などは墓に埋葬しますが、生活環境の変化に伴う死生観の変容によって墓への埋葬にこだわらない人が増加しています。また、墓の維持費など金銭的な面から自然葬を希望するケースもあるのが特徴になっています。現在の日本において、遺骨や遺体を自然に還す行為は厳しく制限されているため、自然葬を行うことは非常に難しくなっています。

その一方で遺骨などを埋葬する墓を樹木や岩などの自然の産物で代用することを広義の自然葬と解釈するケースもあります。また、遺骨を骨壺に納めずにそのまま土中に埋葬する行為も自然へ還す行為と見做すことがあります。現代社会では地価の高騰や人口増加などの理由で墓地専用の土地を確保することが難しく、自然環境を保護する目的で自然葬を認可している国が増加しています。日本においては遺体の取り扱いや埋葬の手続きに関しては法律で明確な規制が設けられているため、諸外国で行われている方法をそのまま実施するのは不可能になっています。

その一方で旧来の慣習に基づいた遺骨などの取り扱いに異議を唱える人が増加していることから、法律上の取決めの改定が課題となっています。故人の埋葬方法については当人や親族の意思よりも法律が優先されているのが現状ですが、死生観の変化や生活圏の拡大による土地の確保などの要因で遺骨や遺体の取扱いに対する認識が変わる可能性があります。市川で葬儀のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です