葬儀の支度で行うこと

葬儀社との打ち合わせが終わったら、支度が始まります。別料金になることが多いですが、湯灌や死化粧を行います。湯灌は故人を入浴させて、清めることです。病院で亡くなった場合にはすでに看護師によって、ご遺体を拭いてきれいにしてもらっていますが、衛生目的以上にきれいにしてあげたい場合には、湯灌を行ったほうが良いです。

余裕があればで良いですが、家族で湯灌を行うことで、故人に対する感謝を深めることができます。湯灌の後には、故人に死化粧を行います。死化粧は女性と男性では違います。女性の場合には、薄化粧を施します。

男性の場合にはヒゲを剃ります。故人が入れ歯だった場合、生前の表情に整えるには特殊な処置が必要になるので、別なメイクスタッフを呼んで、特別に整えてもらう必要があります。その場にいるひと全員で死装束を着せた後に、納棺します。納棺前に僧侶を呼んで、枕経(まくらぎょう)という死者の成仏を願う読経をしてもらうことが多いです。

枕経が終わったら力のある男性をメインメンバーにして、納棺します。遺族の手で納棺を行うこともありますが、故人が体格が良かった場合には力がいるので、葬儀社のスタッフと男手で行います。後は戒名をつけてもらいます。戒名とは、お釈迦様の弟子になった際の名前です。

必ず戒名をつけなければならないわけではありませんが、仏式の場合には菩提寺によっては必ずつけることに決まっているところもあります。以上が、法的な手続き以外の葬儀の支度です。市川で葬儀のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です