キリスト教のお葬式に出るときの注意点

キリスト教のお葬式に参列しなくてはならなくなった時、仏式とは異なるため、いくつか気を付ける点があります。キリスト教にはカトリックとプロテスタントという派があります。お言葉をいただく人をカトリックでは神父、プロテスタントでは牧師と呼びますし、考え方も若干違います。カトリックでは亡くなった人は神に委ねられ、キリストの再臨と死者の復活を願うという意味があるのでお葬式は亡くなった方が信仰していた教会で行われます。

告別式と葬儀は分けて行われるのが一般的です。プロテスタントは亡くなった人は神のもとで安らかになる、という考えのため、祈りは神のために行われます。葬儀の意味も神に感謝し、遺族を慰めるということにあり、告別式と葬儀は一緒に行われます。ですが、献花の仕方や賛美歌や聖歌を歌うということは共通しているので心配はありません。

キリスト教のお葬式に参列する際、仏式でいう香典を持っていきますが、キリスト教の場合はご霊前などではなくお花料と書かれたものを使用します。服装は黒色のスーツで靴やバッグも黒でそろえます。仏式のように、アクセサリーも使用しないように気を付けます。また、数珠も必要がありません。

受付や親族に向けて挨拶をする時、お悔やみ、という言葉は使用しません。お知らせいただいたことのお礼を述べるようにしましょう。安らかな眠りをお祈りいたします、という言葉は一般的に使われています。キリスト教はお焼香でなくお花を故人の前に供えます。

ゆっくりとした動作で行うとスムーズにいくので慌てず行うようにします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です