病院の斡旋のお葬式は断る

病院には出入りの葬儀社がついている所もあります。病院から安置場所に移動するときには、必ず葬儀社に搬送してもらう必要があります。その際、病院側が出入りの業者のパンフレットを渡してきて、斡旋されることがあります。はっきり言葉に出して言うわけではないけれども、断りづらい雰囲気になります。

故人がしばらく闘病していて、看護師や医師にお世話になったというと、余計に断りづらく、そのまま斡旋された業者を利用してしまう人も少なくありません。しかし、すでにお葬式を頼みたいと考えていた業者が他にいるのならば、病院の斡旋を受ける必要はありません。病院から斡旋されて葬儀社を決めて失敗した、というトラブルは非常に多いです。病院でお世話になったことはそれとして区切りをつけて、お葬式の業者とはまた考えを切り替えるべきです。

搬送だけしてもらって、葬儀全般を行うのは別な業者に頼むこともできます。悪い業者だと、搬送と葬儀は同じ所を利用しなければならない決まりでもあるように言ってきますが、その必要はありません。搬送は搬送、お葬式はお葬式で違う業者を選んで良いです。全く葬儀について知識を持っていないと、臨終の混乱に紛れて騙されてしまう可能性があるので、日頃から葬儀知識について身につけておいたほうが良いでしょう。

最近では、生前に葬儀社に相談しておけるサービスもあります。これだと時間に余裕があるので、臨終の際の混乱を軽くできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です