一般的なお葬式までの準備

日本では、実に9割以上の方が仏式の葬儀を選択しています。そのため、一般的には仏教形式での葬儀の流れとなります。お葬式と聞くと、通夜、葬儀、告別式だけがお葬式であると思いがちですが、ご遺族にとっては大切な人が亡くなられた時点から準備が始まり火葬、埋葬、そして法要まで気が抜ける時はないため、一連のプロセスを葬儀ととらえることもあります。高齢化がすすんでいる近年では、最期の時を病院のベッドで迎える方が多くなってきています。

病院で亡くなられた場合、看護師が死亡時の措置のひとつとしてエンゼルケアをしますが、ごく簡単なものですので、葬儀社に依頼するのがベターです。自宅以外の斎場などに遺体を搬送する場合は葬儀社との打ち合わせが必要です。死亡診断書を受け取ったら、菩提寺に到着時刻を連絡し遺体の搬送をします。搬送先には、喪主と連絡が取れる親近者がいるとスムーズです。

遺体の搬送後、遺体を安置し枕飾りをします。納棺までの間は死亡届を提出したり、親族間で相談できるタイミングでもあります。葬儀社とお葬式の段取り、費用などを細かく打ち合わせをします。喪主をはじめとする親族の役割分担、お葬式の日時や斎場の確定、弔辞のお願い、使用する装飾の種類について、飲食や御礼の内容についてなど、打ち合わせが必要な項目は多岐にわたります。

忙しい中での打ち合わせですので、ほとんどの葬儀社にはマニュアルがあり、ひとつひとつ依頼者である喪主に確認を取りながらすすめていくことが多いです。必要な費用がおおむね判断できたら、現金を用意しておきましょう。僧侶が到着したら、読経をしてもらい、納棺となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です