一番的な家族葬の料金プラン

お葬式は、家族や大切な人の死を受け止め、現実と向き合うために必要な儀式で、多くの人は「良い送り方」をしてあげたいと願っているのではないでしょうか。

しかし、故人へのお別れの仕方は人それぞれ。昔は村人全員を招いて行われるのが一般的であったお葬式も、今では家族でひっそりと送り出したいという家族葬が締める割合が増えてきました。会葬者を身内やごく親しい方に限定することで、喪主・遺族の方の精神的負担と葬儀費用の一部を軽くできるなどから、近年もっともご希望の多い葬儀スタイルです。名のある故人の場合は、お葬式とは別にお別れの会などを開き、お葬式はやはり少人数の家族葬で行われることの方が多くなってきていますね。

では、その家族葬。いったいどのぐらいの料金がかかるのでしょうか?そもそも家族葬とは、長寿化と核家族という社会変化にともなって主流になってきた、家族中心の小規模・少人数のお葬式のスタイルのことをいいます。実は料金は施設によりバラバラで、招く人数によって変わります。基本的に家族葬の場合は20人までの少人数とし、料金プランとしては50万から100万円程度が主流です。施設によっては会員に入っていることで割引などもあります。ですが、お料理のランクや祭壇に添える花によって料金が変わりますし、このプランにはお経をあげるお坊さんへのお布施などの寺院費用は含まれていません。予算を提示した上でプランナーさんとしっかり話し合い、納得のいく葬式にしてもらいましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です