家族葬の料金の違いとは

今の社会の風潮は、葬儀関連にはあまり費用をかけないという流れになっています。

有名人なども、昔のような派手な葬儀ではなく家族葬のような形ですることが増えてきました。その流れは、一般的になり今の葬儀では家族葬が主流です。あまり派手にはしなくないけれど、やはり葬儀という形式は執り行いたいと考える人が増えてきたからです。何もしないと言っても、やはり大切な家族とはキチンとお別れをしたいと思うのが普通です。その家族葬の料金と、一般葬との違いはその祭壇になります。家族葬は、祭壇をあまり大きなものにしないので、一般葬と比べると料金も安くできます。

ただ、祭壇以外のものは一般葬とあまり変わらないので料金は同じように必要です。また、最近では祭壇を小さくしてその周囲をお花で飾るものが人気がありよく利用されています。これらの祭壇は料金が平均するとセットプランで40万円くらいです。他にも参列者が、親族だけなので会葬御礼の品物などは料金が少しでできます。葬儀に何を求めるかで、そのあり方も変化します。そして、一番大切なことはお金をかけることではなく残された家族が故人に対して最後に何をできるかです。よく、言われるのが葬儀は本当は故人のためではなく残された家族の区切りをつけるために存在するとされています。今は、葬儀の仕方も変化して家族のあり方も変化しています。しかし、形式が変化しても時代が流れても昔も現代も家族を思う気持ちには変わりがありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です