家族葬に必要な料金について

家族葬とは「通夜」「告別式」を行う、一般的葬儀の形式ですが、葬儀の参列者は近親者だけですので、儀礼的な会葬者を避けることができます。

そのために故人との最後の時間を落ち着いて過ごせます。ただ、後日弔問客が自宅に訪れる事があり、日常生活の中で多くの弔問客の応対に困る事もあります。財団法人日本消費者協会が3年ごとに行う「葬儀についてのアンケート調査」によりますと、葬儀にかかる全国平均の料金は約199万円と言われています。

葬儀の費用を詳細にみて行きますと、葬儀一式にかかる費用(葬儀社に払う料金)と弔問客への飲食接待費と宗教者に払う費用に分かれています。先ほどの財団法人日本消費者協会のアンケートによりますと、葬儀一般にかかる費用は約126万円、宗教者にかかる費用は51万円、飲食接待費が45万円となっています。インターネットで見かける家族葬の費用とか葬儀社がセット○○円と書いてある葬儀の費用は葬儀社に支払う料金です。家族葬は、会葬者も少なく、会葬者への飲食接待費もやすくなりますし、葬儀そのものにかかる費用も一般葬よりは、安くなりますが、葬儀社のセット料金○○円で全ての葬儀代金が納まる事はありません。葬儀社のセット費用ですが、葬儀に必要なすべての費用が含まれてはいず、各葬儀社によって、含まれている項目は違っています。家族葬の場合、会葬者が少ないですから、一般葬に比べると、葬儀一式にかかる費用ははるかに少なくすみますが、葬儀の見積もりは、宗教者へのお布施と飲食代金が追加になると考えて予算を立てましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です