意外と費用がかかる家族葬

家族葬は通常の葬儀と同じように一連の流れがあります。

ですが、告別式などを行う必要はなく、亡くなった人との最期の時をゆっくりと過ごすことができるようになっています。特定の宗派がない人、最期はゆっくりと家族のみで過ごしたい方、葬儀の予算をかけたくないと思う方などに注目されています。家族葬は通夜も、葬儀も家族や限られた親戚、知人のみ参列するのが一般的です。告別式を行うと、どうしても遺族はあいさつなどに追われたり、香典返しの選定、用意などの準備に時間がとられたりしてなかなかゆっくりと故人とお別れをするのが難しくなります。葬儀においても挨拶をしなくてはならず、その言葉を考えたりもしないといけないので、自分の身体を休めることもできにくくなります。

家族葬の場合は、告別式は行わないのでそういったことの心配はなく、葬儀も音楽をかけたり、故人の写真をたくさん飾ったりなど、思い思いに演出をすることができるので、形式ばった葬儀にならずにすみます。家族葬は費用が掛からない、と思っている方が多いですが、実際には一般の葬儀と変わらないことが多いです。告別式がない分、香典もいただくことがなく、葬儀の費用を香典でまかなえないことが多いからです。また、自由に演出ができる場合、追加料金がかかることもあり、事前に葬儀会社とよく打ち合わせをすることが必要となってきます。意外と費用がかかるのが家族葬でもあるので、どのくらいの料金がかかるのかきちんと知っておくことが大事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です