家族葬を行うときは費用に注目しよう

家族葬は遺族や、親族、故人と仲が良かった人のみで行い、一般の弔問客はご辞退する葬儀の事を言います。

家族葬を行う人が増えているので、葬儀会社でも家族葬プランをたてており、大変注目されている葬儀の方法です。家族葬プランには基本的なご遺体の搬送や安置所の提供など含まれていることがありますが、時として別料金がかかることがあります。そのためそういった葬儀をすると決めた場合は詳しい見積もりを出してもらうようにします。後日どのくらいの費用が掛かるのか、どのようなことをすると追加料金がかかるのか確かめることも大事になってきます。具体的に行うと決めたら、次に考えるのは誰に参列してもらうか、ということです。

親戚同士のトラブルを引き起こすこともあるので、初めに理解を得ておく必要があります。また、近所の方には弔問をご辞退したい、ということをきちんと伝えておくことが大事です。亡くなったことをお知らせする手紙に、弔電や供花、香典は辞退したい、ということを書いておくと良いでしょう。葬儀では普通の葬儀と違い、自由に葬儀を演出することができます。音楽を持ち込んだり、故人と縁のある品物を飾ったりなどできますが、そういった際も追加の費用が掛からないか聞いておきます。また、葬儀のあとの会食費に関しても確認をしておくとトラブルになりません。家族葬は告別式をおこなわないため、ほかの方に気を遣うことがなく、最期のお別れをゆっくりとすることができます。ですが、費用に関しては香典などをいただかないため、一般の葬儀よりもかかることがあります・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です