葬式に係る費用の詳細

ある日突然訪れる人の死は冠婚葬祭の中で最も準備が難しいとされる「葬式」の始まりでもあります。

信仰している宗教及び宗派により葬式のスタイルは異なり、一口に仏教と言っても、真言宗か浄土宗か日蓮宗などの宗派によってスタイルもマチマチです。葬式の費用についてあまり詳細を知る人はいませんが、細かく言えば、棺から火葬場までの霊柩車、またそのクラス(純金使用か木製かなど)によっても大きく異なります。

葬儀場を利用するのであれば人件費も発生しますし、当日会場に飾るお花や祭壇に至るまで全てが費用として計上されます。1つ1つを全て調べて準備すると大変な労力なので、殆どの人が葬儀社と相談し、ある程度決められた価格帯の中から選ぶスタイルが多いようです。費用の相場はピンキリですが、家族葬など安く見積もっても50万円は必要だと考えて間違いないでしょう。無縁仏や葬儀をしないケースのみ数万円の費用で収まります。

故人を偲んで手を合わせるお墓も準備するとなると一気に費用は跳ね上がり、数百万円というお金が必要になります。その為永代供養など、子孫に負担を掛けない方法が注目されています。また保険などで賄えるケースもあるので、ある程度自分の死後の準備をしておくのも家族の為と言えます。これは決して高齢者に限った話ではありません。若くてもいつ何時、何が自分の身に降りかかるか想像も出来ない世の中なので、時間のある時に勉強するのも決して無駄ではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です