葬式にかかる費用を準備しておく大切さ

お葬式にかかる費用は細かく分けるとたくさんの項目が必要ですが、支払先と考えた時には三つに分けることができます。

まず葬儀全般を取り仕切ってくれる葬儀社に支払う費用です。一般葬の場合だと、病院から自宅や式場に運ぶための運搬費やご遺体を保存しておくためのドライアイス、お棺や祭壇などのレベルなどたくさん決めなければならないことがあり、それぞれをどのようにするかによってかかる費用は変わってきます。最近では家族葬などすべてがセットになっているプランも多くなっているので、どのくらいの予算でお葬式が行えるのかということはわかりやすくなってきているといえるでしょう。

次に必要なのがお寺などに支払うお布施です。この金額はいくらだというのは決まっていないので、菩提寺と相談したり葬儀社などの紹介ならば紹介先によって金額が変わってくるものです。最後にお葬式後の食事やお通夜での通夜ぶるまいなどでかかる飲食代があります。

これにかかる費用は参加人数や料理、どれくらいのお酒が必要かよります。このようにお葬式には多額の費用がかかります。そして重要なのが故人の銀行口座は使えなくなってしまうということです。ですから世帯主がすべてのお金を管理している場合はお金が用意できないといったケースも考えられるので、ある程度は葬儀などに使えるようなお金を家族で相談して用意しておくことはとても大切です。また葬儀社などのお葬式プランを調べておくとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です