お葬式の費用について

お葬式にかかる費用としては、葬儀場に支払う葬儀本体の費用だけでなく寺院に払う費用・接待飲食代があります。

葬儀社が出してくる見積書は葬儀本体の分だけしか入っていないことが一般的なので、それ以外の料金もかかることを頭に入れておく必要があります。そうなるとお葬式代が高くなるからととにかく節約することばかりを考えてしまいがちですが、実際には出費だけでなく収入も入ってくるのです。香典が葬式における収入であり、その額を引いた分が純粋に支払わなければならない金額になるのです。

今話題の家族葬は身内だけでこじんまりとやる分、葬儀本体の価格が低く抑えられますし、接待飲食代もかからないので安くできるというのもメリットの一つです。しかしながらその一方で収入となる香典の数も少なくなるので決して本当に安上がりに済ませることができるとは限らないのです。

ただ、家族葬には参列者対応に煩わされるという手間がなく故人とのお別れができるというメリットもありますので、メリットデメリットをしっかりと考え合わせて決めたほうがよいでしょう。大々的に大人数を集めて行なうお葬式は大きなお部屋を借りる必要がありますし、祭壇も見栄えの良い大きなものにすることになるでしょう。葬儀本体や接待飲食の費用はかなりかかります。ただ一方で参列者から入ってくる香典の量もかなりのものになるので実際に支払う額はそれほどでもなくなるかもしれません。冷静に判断して選ぶようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です