お葬式のマナーは社会人として知っておくべき

どうしても避けて通れないのがお葬式です。

親や親類、親しい友人や恩師など、突然の訃報があると驚きと悲しみに包まれますが、その直後にはお葬式に参列しなければならないという現実が待ち構えています。参列者としての振る舞いをキチンと守らなければ、他の人から非常識だとみなされてしまいます。厳粛な場面だけにマナー違反の内容にしたいものです。一番大切なのは服装です。男性も女性も黒のフォーマルなスーツが基本となります。男性の場合は黒いネクタイに黒いソックスも必要です。

またシャツは白以外はマナー違反ですので気をつけなければなりません。女性の場合は肌色のストッキングを履くのは避けましょう。必ず黒のストッキングで靴はヒールの低い落ち着いたデザインのものを履くことが大切です。鞄は革製のものを避けてフォーマル用の布製バッグとしましょう。お香典は故人との関係性で金額を決めましょう。一般的には親しい親族の場合は1万円から3万円、友人や職場の関係であれば5,000円から1万円が相場となります。

特に決まりはなりのですが社会人として恥ずかしくない額を包むのがマナーです。またお札は必ず折り目のある使用感のあるものを入れましょう。新札は、あらかじめ用意したものという意味になり失礼に当たります。氏名は涙でにじむという意味合いから、薄墨で書くのが基本です。気持ちを込めて丁寧に書きましょう。お葬式の最中には、宗派によってしきたりが異なります。もしもわからないことがあれば式場のスタッフなどに聞いたり、事情がわかっている人に聞いたりするのが大切です。いずれにしても故人をしのび、きちんと哀悼の意を表することが大切です。いざというときのための心構えをしておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です