不断水が支持される理由は、作業をスムーズにして効率よく工事が進められることです。

水道管など液体を送水する場合圧力をかけて移動させています。不断水であれば圧力を停止することもなく、事前の利用者への告知をすることもなく工事を開始できるのです。流水を停止すると再開するのに時間がかかります。管内に異常がないか確認をしないと水道などは送水の再開の指示がだせません。

作業的には二重の手間がかかってくるのです。不断水で作業をするメリットは、効率よく最小限の人出で作業を進められる点にあります。他にも分岐が難しい箇所にでも一部の箇所だけを送水停止させることで、管の分岐を可能にしてビルの高所に水を配水させることも可能になります。不断水の技術が、多くの工事をバイパス管路を使ってスムーズにしたり、バルブを追加設置して水を停止しやすくさせることもできるようになったのです。

社会インフラの整備が課題になっていますが、断水することなく水道設備の補修を可能にした不断水が開発されたことは水道工事だけでなく色々の分野でその活躍が評価されているのです。マンションなど大きな物件程細かい作業が要求されています。従来のやり方ではうまくいかなかった工事の日程が短縮されるなど、作業効率は飛躍的にアップしたのです。生活に必要な水がいつでも使えるということは実はとても大切なことなのです。それを確保したことが大きな意義であり、作業をすすめる人も余計な負荷がかからず工事に専念できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *