不断水とは、読んで字のごとく断水を行わないことで主に不断水工法という断水をせずに工事を行う際に使用される言葉です。

かつては水道工事を実施する場合に断水をしていたため、料理ができずトイレも流せないなどとても不便でした。しかも、水が出ないだけでなく工事の際に撤去するバルブに付着していた錆が剥がれ落ち、水が汚れそれが飲み水として家庭に供給されてしまうという弊害も見られたのです。

しかし、水道工事の技術や用具が進歩した結果不断水で工事を行えるようになりました。場合によっては、一つの家庭だけでなく広い範囲の住民に迷惑がかかってしまうため周辺住民への理解を求めることも必要だったのですが、不断水工事が一般的に行われるようになったことで住民への説明も不要となったのです。不断水工事とはどのような工法なのでしょうか。工法は、2種類あります。それが、分岐工法と凍結工法です。

分岐工法とは水道管に穴を開ける際にドリルを使用する工法のことで、配管に付属していた金属部品などは機械の中に取り込まれるようになっています。一方、凍結工法とは工事をする管の両端を液体窒素で凍結させてから作業をする方法です。共に短時間かつ効率的に工事を行える方法ですが、凍結工法はバルブが無くても作業が行えるため飲食店が複数入っているビルなどで断水することなく工事ができるというメリットがあるのです。さらにメリットはこれだけではなく、効率的に行えるということから人手もかからず人件費削減にもつながるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *