水道管や給水管など、水道設備の工事やリフォーム、増設や移設などを行うことが必要になる現場では、今では不断水工事を利用することができます。

以前の古い時代では数時間にわたって断水してしまう工法がメインとして行われてきたものですが、断水してしまうと工事範囲の居住者は不便さが出てしまうデメリットが問題です。不断水工事の場合、給水が止まってしまうことが無い工法なので、不便さを一切感じることはありません。

快適性はこれだけではなく、工期を短縮できることもメリットです。従来の工法では工事時間が限定されてしまいますが、不断水工事の場合は時間を選ばずにいつでも工事できるので、結果的に早期に工事を済ませられます。このことにより、周辺住民にとっても工事車両が出入りする問題や、通行止めの規制もあまり負担に感じないというメリットをかんじることができます。

工事をする側にとってもメリットがあります。断水してしまう工事の場合は事前に対象となる全ての住民に事前告知することが必要ですが、不断水工事はその手間を省くことが可能になります。告知する方法では紙媒体を使って配布する方法が一般的ですが、文字印刷を含めてコストが掛かるので、金銭面でもメリットはあります。時間に縛られずにいつでも工事可能な方法になるので、人件費の抑制にも貢献できる工事方法です。例えば断水する方法では、夜間に施工されることが多々ありましたが、夜間の作業では時間給が割高です。朝から夜まで自由な時間に工事を済ませられるので、施工自体のコストカットもメリットです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *