不断水とは家やビルなどの建物の水道管に修理が必要になった際、水を止めずに修理を行う方法のことです。

工事中であっても各家庭、各種産業、医療施設の水を問題なく使えるほか、工事の手間も削減することができます。断水をしなくていいため、付近の住民への告知や給水車の手配を行う必要がありません。断水によってバルブについていた錆が剥離して水を赤く濁らせ、衛生上の問題が発生していました。

不断水は今ある水道管にT字管をとりつけ、そこに仕切弁と穿孔機を設置します。仕切弁を開けた状態で穿孔機のカッターで水道管に穴をあけ、そこから配管や詰まりの修理を行います。仕切弁でコントロールすることにより、水の流れを止めずに作業を行うことができます。

工事中に出た削りかすは水圧で押し流され穿孔機側に取り込まれるため、水道管内を汚すことはありません。不断水をすることによって断水をしていたときに生じていた問題を気にする必要はなくなり、工事期間の短縮や人件費などのコストの削減につながるのです。工事費用は税金で賄われているため、工事のコストを削減することにより徴収した税金の節約にもなります。また、少しの間でも断水してから水の流れを再開させると、配管内に溜まっていたごみや錆などが水道管から流れだしたり、目に見えない汚れから水道水に有害物質が含まれてしまったりすることがありました。不断水は工事の手間を省くだけでなく、水道管を使用する人間の健康にも配慮した工事方法であるといえます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *