不断水は水道管工事で用いられる言葉で、「水の流れを止めない」という意味です。

水を止めずに既設管の分岐配管工事をするための工法のことをさします。不断水工法が開発される前は、水道管工事を行う前の準備に手間がかかっていました。断水をすると、その地域に住んでいる人たちの生活に大きな負担をかけることになるからです。蛇口をひねっても水が使えないとなると、料理をすることもできず手を洗うこともできません。

断水の際には給水車を手配するのが一般的ですが、給水車で支給される量では自由に使えないことがほとんどです。また、これまでの水道管工事では、作業をする人たちがしなければならない仕事がたくさんありました。給水車の手配だけでなく、地域住民への事前のお知らせや作業後の既設管内の清掃といったものです。

水を止めなければ余計な仕事がなくなり、工期を短くすることができますし、人件費をカットすることも可能です。不断水工法にはとてもたくさんのメリットがあることが分かります。不断水が開発されたのは、近年介護施設や飲食店が増えたという社会的な背景があり、断水をして水道管工事をすることが難しくなったからです。不断水工法には専用の工具が用いられます。具体的には割T字管や仕切り弁、穿孔機といったものです。そして、超低温物質を使った方法もあります。どちらの方法が適しているかは工事をする箇所や地域によりますが、よく行われているのは専用工具を用いた方法です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *