水道工事のお知らせが届くと、通知に記載が行われている時間帯は断水になります。

断水を簡単に説明するのであれば蛇口を捻っても水が流れないことを意味するわけです。生活に欠かすことができない水が使えなくなるため、短時間と言っても不便です。これに対して不断水工事は断水になることがない、例え、家の目の前で水道工事が行われていたとしても普段通り水を使えるわけですから安心です。水が流れている状態で、どのようにして修理を行うのか、疑問に思う人も多いと言えますが、不断水工事には凍結工法や分岐工法などのやり方があるのが特徴です。

凍結工法は液体窒素などの薬品を用いて流れを止める、その間に修理を行うやり方です。そのため不断水工事ではない、このようなイメージになりがちではありますが、凍結工法は主に設備の末端部分で行われるため、その他の場所への通水を止めることなく工事ができます。分岐工法は住宅などに供給を行う水路の工事に使われることが多い不断水工事の手法です。

修理する場所に予め配管を設置しておいて、流れを新しい配管に送り込みます。この時に利用するのがT字割管やドリル、仕切り弁です。これらの設備を使うことで、断水することなく修理が可能になります。尚、断水工事と比べた場合、コストの削減ができるメリットや作業者の人数を減らせる、時間短縮ができるなど様々なメリットがあります。これ以外にも、断水の時には仕切り弁を閉じる作業が必要になり、仕切り弁の開閉による赤水が生じるなどのトラブルも起こりません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *