水道工事をするにあたっては断水をしなければならない場合が多々みられます。

このような場合には、事前に生活上の影響を受ける見込みがある住宅に対して、チラシや戸別訪問などによって断水をする旨を周知するとともに、場合によっては給水車により特定の場所で給水を行うなどの手段を講じることになります。しかし代替手段が確保されることがあるからとはいっても、必要なときに必要なだけの水が得られなければ、住宅における生活に大きな不便を生じることになるのは事実です。

現代の住宅ではトイレ、キッチン、風呂場といったさまざまな場所で水を使用しているため、長時間の断水になればこれらの機能を維持することができなくなってしまいます。近年は自然災害で断水となってしまう機会も増えていますので、実際に経験してみると水のない生活の不便さがわかります。そこで断水にともなう問題を解決する手段としての不断水工事があります。

不断水工事は断水をしなくても工事ができる画期的な方法です。すでに敷設されている水道管の一部を分岐させるためのT字管や仕切弁を取り付けることによって、通水しながら工事ができるようにし、住宅での生活に支障を及ぼさないようにするのがこの工事の特徴です。もちろん工事をする側としても断水にともなうさまざま手間がかからなくなるというメリットがあります。上水道だけではなく、下水道の工事においても、この不断水工事と同様の方法によって施工されることがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *