不断水工事は、下水道工事で広く使われている方法で、もともとは上水道の配管工事のために開発された技術です。

不断水工事を行う前は、分岐管や新たなバルブを設置する時、水の流れを止めて作業を行っていましたが、この工事方法は古いバルブを動かして水の流れを止めるため、付着していた赤さびが剥離して水が濁ってしまいました。そのため分岐管などを設置した後は配管内の清掃が必要になったり、工事の血学区にバルブがない場合は広範囲で断水し、日常生活に影響するため周囲の住宅への対策が必要でした。

不断水工事は、水の流れを止めずに工事が可能になるため、赤錆が剥離することはなく、広範囲な断水も発生しないため周囲の住宅の生活に影響を与えることもないため、住宅などへの対策は不要となります。不断水工事には分岐後方と凍結工法の2種類に大きく分けることができます。分岐工法は穿孔機のドリルを使い既設管に穴を開ける方法で、凍結工法は工事箇所の両端を液体窒素で凍結させて作業をします。部分的な断水はあるものの、全体的には通水状態で作業が可能になります。

凍結工法はバルブがなくても作業が可能なので、営業中の商業施設などで配管工事を行う際に適した工法と言えます。不断水工法のメリットには、断水をせずに配管工事が可能になるため、工事周囲の住宅は通常の生活が可能になるだけではなく、工事自体の時間を短くすることができ、精巣や周囲の住民への対策などの付加作業も不要になり工事期間が短縮できることもメリットとなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *