不断水工事とは、既設管内の配水を止める事なく行う工事です。

元々は上水道工事を行うために行われていた工事ですが、現在では下水道でも不断水工事が行われています。水の流れを止めた状態にして、再度水を流した時に配管に付着していた赤錆が剥がれてしまう恐れがあります。それを防止するためにも配管内の清掃が必要になります。上下ともに生活には欠かせない配管ですので、断水をしている地域が住宅地だった場合、周辺住民対策もしなくてはいけません。

断水での工事期間は長期化してしまう事もあり人件費や給水車の手配が必要になるなど様々なデメリットがあります。不断水工事が良いと言われているのは、断水した時のデメリットを解消してくれるからです。分岐工法は、穿孔機のドリルを使用して既設管に穴を開ける工法です。特殊な形状のT字管と専用穿孔機を使用して穴を開けて、仕切弁を閉じます。穿孔機を取り外して、分岐側の配管が完了したら通水を開始します。

インサート工法は、通水したままの水道管路に不断水でバルブなどを挿入する画期的な工法で、切断した破片が管内に流れる事がないのと、上部を穿孔するので短時間で作業を終える事ができます。凍結工法は、工事個所の両端を液体窒素で凍結させて作業を行います。配管内部の水が凍った事を確認した後に工事を開始します。

バルブがない場所でも作業する事ができるというのがメリットです。商業施設などでフロアごとに配管工事を行う際に適しています。普段生活をしている住宅地などでも配管が凍結工法できる条件をみたしていれば大丈夫のようです。住宅だけでなくてマンションでの生活でも必要なだけにたくさんの方法が考えだされています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *