不断水工事は、我々の快適な生活を裏から支えてくれている非常に大切な技術です。

これは水道管の工事手法の一つなのですが、簡単に言うと、断水を行うことなく工事ができてしまう画期的な手法なわけです。この方法が確立する以前は、水道管の工事をする際には住宅への水を止める、いわゆる断水を行わなければなりませんでした。住宅への水を止めることは、各家庭に大きな負担を強いてしまいますし、工事を行う業者にとっても様々な負担が生じてしまうというデメリットがありました。

例えば断水工事を行う場合、業者は水がストップする地域の住宅を一軒一軒回って工事が行われることなどを説明しなければなりません。場合によっては、給水車などを手配して、住民の生活に支障が出ないようにするなどの配慮も必要だったのです。このように、断水工事は工事業者にとっても色々面倒が多く効率が悪かったのですが、不断水工事ができるようになってから状況は一変しました。

不断水工事では特殊な穿孔機等を使うことによって、水を止めることなく既設の水道管に穴を開けて、新しい水道管を接続させることができてしまいます。住民に工事の告知をする手間もかかりませんし、工事をする時間も短縮できるので、コストも抑えることができるでしょう。現在のところ、都市部の水道管工事のほとんどはこの不断水工事の技術を使っています。言われてみると、最近は断水することがほとんど無くなったと思い当たるはずです。不断水工事は裏から私達の生活を支えているわけです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *