不断水工事法とは住宅を断水させず、普通の生活が出来るように水道工事する方法の事です。

高度経済成長以前には新しい住宅が出来たり、誰かが新しい水道を引きたいという時には断水の上で水道工事をしなければなりませんでした。近くに調節のためのバルブがある時には範囲を最小限に出来ました。ですが、無い場合には影響範囲が広く出るのは避けられませんでした。まず事前に周囲に断水の告知をし、本管の水を止めてから切断。その後T字管を挿入し内部を洗浄するなどしなければいけませんでしたので資金的、時間的にとても大きい手間がかかりました。

周囲の居住者の住宅にも影響が出ますので日常生活に大きい支障が出てしまう事になったのです。そこで不断水工事法が出てくる事になりました。不断水工事法は主だった方法が七つあります。池や川と言った特殊な環境がある場合に使われる方法もありますが、住宅を対象にしたものは不断水分岐工事法になります。水を断水させないまま、ナノT字管と穿孔機を使って本管から枝管を引っ張ってくる方法です。

この方法でしたら断水処置や公示した後の洗浄が不要になりますので大幅なコストカットが可能です。時間的にも短いので居住者の生活への影響も最小限で済みます。地下に埋設物が多く穿孔機の投入が難しい場合などもありますが、そういった時には特殊分岐工事法などを使っていく事になります。垂直穿孔で工事をする方法で三種類のパターンがありますが、大抵はこの方法で埋設物問題などもクリア可能となっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *