水道管を分岐させる工事では、既設管に穴をあけて分岐管をつなげてやる工事が必要になりますが、従来の工事手法では一度既設管の水流を止める必要がありました。

水を止めると、それに付随して様々な業務が発生してしまうため、工事業者には重荷だったのです。例えば、水流を止めたことによって断水状態になってしまう各家庭には、工事前にちゃんと告知をする必要があります。断水が長期間に及ぶようなケースでは、給水車などの水供給の代替方法の用意などもしなければいけません。しかし不断水工事ができるようになってからは水を止める必要がなくなり、工事業者の負担は大幅に軽くなりました。

不断水工事では、特殊な穿孔機を使って既設管に穴を空け分岐管を設置するので、既設管に水を流しっぱなしでも工事を続けることができてしまいます。このため水を止める必要は一切なく、周辺地域が断水に陥ることもありません。住民の方々へ迷惑をかけることもありませんし、工事業者側も負担が軽減されて良いことずくめと言えるでしょう。

不断水工事では工事後の管内の清掃も不要です。断水工事の場合は、工事後に管内に発生したゴミをちゃんと清掃してから水を流す必要があったのですが、不断水工事では清掃する必要はありませんから時間の節約にもなります。今ではこの不断水工事が広く採用されるようになってきているため、断水が発生することはほとんどなくなりつつあります。そういえば、いつの間にか断水することがほとんど無くなったと感じる方も多いはずです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *