話には聞いたことがあるけれども、実際に不断水工法を見たことがない、この手法で工事が行われているのか知らない人は多いのではないでしょうか。

水道工事そのものは工事現場を見れば作業が行われていることは分かりますが、その方法が断水であるのかそれとも不断水であるのか、これは素人が見ても分からない部分です。但し、家の近くで水道工事が行われているのにも関わらず、蛇口から水が流れ来る場合は、不断水工法で行われている可能性が高いわけです。

日本の水は世界から見た時には、どこの国よりも安全性が高いと言われているのですが、安全性が高い理由の中には定期的な点検やメンテナンスが実施されていることも挙げられるのではないでしょうか。蛇口を捻ることですぐに水が流れて来るのは当たり前の時代ですが、これを可能にしているのも適切なタイミングで水道設備のメンテナンスが実施されているためです。

断水の場合は、一定の時間水が使えなくなるので不便に感じる人も多いわけですが、断水しなければならない理由は水圧で給水が行われている設備を取り変えるためには、この水圧を止めなければならないからです。

しかし、不断水工法は水圧を変えることなく工事ができるので、普段通りに水道設備を使うことができます。さらに、水道工事の中には予め計画が行われたものだけでなく、水道管の亀裂などによる緊急工事もありますが、このような時にも不断水工法が採用されれば、不便さを与えずに修理ができるメリットを持ちます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *