水道工事が自宅の近くで行われて断水になった、生活が不便だと感じた人は多いのではないでしょうか。

最近では通水状態で工事ができる不断水工法が登場していますので断水の経験がない人も増えているようです。断水になることを知ると色々な準備が必要になります。例えば、飲み水の確保や調理に使う水の確保、洗濯のための水はお風呂の残り湯をそのままにしておくなども必要になって来ます。

また、工事が終わった後には赤水が流れて来るため暫く蛇口を開けて水を流しておきます。赤水は赤茶色になった錆が含まれる水のことを意味しているのですが、断水にする際に止水栓を動かすと錆が水に混入すると言われています。不断水工法では止水栓を触らないため赤水になることもありません。断水工事では、最初に古くなった配管を取り外してから新しい配管を設置しますので断水になる時間も長くなります。

不断水工法では最初に新しい配管を設置すると同時にドリルのような装着や仕切り弁を取り付けて、瞬時な新しい水道管に水が流れて行くため通水を維持します。最後に取り付けた装置や老朽化した水道管を外すなどの流れで工事が行われますので、通常よりも短い時間で完了できるのです。通水のルートを古い水道管から新しい水道管に変える、バイパスするのが不断水工法の仕組みですがバイパス以外にも水を凍らせるやり方などもあり、工事を行う場所や工事内容に応じて使い分けができるようになっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *