現在に至るまで、日本の工事や建築などの現場で使われる道具や工法などの技術は進歩を続け、それは今でも続いています。

現場の人たちが安全に作業ができるように、周辺の人たちの安心・安全な暮らしを壊さぬようになど、その道具や技術が進歩してきた経緯はさまざまです。そんな日本の現場の中で特に重要な技術として進化を続けてきたのが不断水工法などの水道管工事などに関する工法です。国土の狭い日本で、こうした大規模な工事などで用いられる工法などの進歩は必須でした。

特に水道管工事などは従来型の工法での工事だと、周辺住民に断水などを求めなくてはならず、そうした不便を解消することが緊急の命題でした。そんな中で数々のマイナーチェンジなどを重ね、確立されてきた工法が不断水工法です。この工法は簡単にいうと、水道管工事の際に断水を求めることなく工事ができるような工法のことを言い、この不断水工法が発展してくると同時に周辺の住宅や事業所などへの負担だけでなく、現場での負担も軽くなりました。

工事が行いやすくなったこともありますが、周辺住民への大規模な理解を求めるための説明会などが不要になったことがその要因の1つです。さらにこの不断水工法は、使われる機器などの進歩により今後これ以上の工事に関しての簡便さが進んでいくと言われています。今よりも作業が楽になるということで現場の負担が軽くなり、よりスピーディーに工事が進められていくことでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *