住宅を新築する時はそれに伴って水道工事が必要となりますが、通常は近隣に水道網がすでに整備されているので、その既設管に分岐点を作り、新しい住宅まで配管を行うという工事が行われます。

その際、既設管に水が流れている状態だと分岐用の管をつなげるために開けた孔から水漏れが生じてしまうため、工事期間中は断水する必要があります。ただし、不断水工法という技術を採用すれば、断水せずに工事を行うことも可能です。不断水工法とはその名の通り断水せずに水道工事を行うための工法で、既設管に割T字管と呼ばれる専用の分岐管と仕切弁を取付け、特殊なカッターで穿孔するというものです。

この時、仕切弁を操作しながら作業を進めれば、通水状態のままでも孔から水漏れが生じるおそれがありません。そしてカッターを取り外し、分岐側の配管がすべて終了した時点で仕切弁を開放すれば、新たな管の内部に水が流れ込みます。不断水工法によって工事を行えば、断水に伴う事前告知や給水車の手配といった近隣対策が不要になります。また、水がまったく漏れないため作業後の現場清掃も楽になります。

施行者側にとっては、工期の短縮につながるという利点があります。一方、近隣住民にとっても一時的とはいえ水が使えなくなるという不便が生じるおそれがなくなるため、やはりメリットの高い工法であると言うことができます。すでにある住宅の敷地内で新しい棟を建てる場合などにおいても、事情は同様です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *