不断水工法のメリットについて説明しましょう。

水道管の水漏れなどを修理する時に、どのような工事が必要になるかわかるでしょうか。大元のバルブを閉めて、水漏れをしている部分の工事を行うことになります。工事の間は断水してしまうため、その影響は無視できません。家庭内であれば、外出していればいいだけですが、大規模な水道施設の場合は多くの人の生活に支障をきたすことになるのです。そこで断水せずに水道工事を行うことが不断水工法と呼ばれるやり方です。

業者によって少しずつ違いますが、基本的には不断水工法専用の部品類を準備して、専用工具によって工事を行います。単なる水漏れだけではなく、工場の拡張など水道配管の大幅な変更が生じる場合においても大きなメリットがあります。断水することで一番問題になるのはトイレでしょう。トイレが使用できないため、工場の操業を停止する場合もあります。多くの従業員がいれば、衛生上の問題が大きく仕事にならないからです。特に24時間操業している工場などでは、不断水工法を積極的に利用しています。

この工法はどの業者でもできるわけではなく、専門的な技術が必要です。実際には必要となる工具を販売するとともに工事も請け負っています。不断水工法では水漏れが発生しないようにすることが重要なポイントとなります。水を止めないだけではなく、工事中も水の流れが変わらないようにするためには高度な技術が必要だからです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *