分岐管を不断水工法で作製するなど可能なのかと思われるかもしれませんが、工法を工夫することで可能になります。

ポイントとしては、分岐管を作製するためには幾何学的な意味で本管に穴を開けて分岐管を通さなければなりません。一方で、穴を開けたその瞬間、本管にかかっている高い水圧により水が噴き出してくることを何とかして阻止しなければまともな工事はできません。この2つを同時に満足させることが可能なのかというのが命題になります。もちろんそれは可能で、それが不断水工法です。

イメージとしては、予め分岐管を接続しようとする部位、つまり本管に穴を開けようとする部位に、水圧がかかっても水が外部に噴き出すことのないような頑丈な覆いをまず設けておき、その覆いの内部で本管に穴を開ける作業を行い、またその穴に分岐管を通す作業を行います。もちろん、本管に分岐管を通した後は、分岐管の反対側で口が開いたままではそこから水が噴き出しますから、そこもしっかりと閉じておきます。

穴を開け、分岐管を通し、分岐管を本管にしっかりと接続した後であれば、もはや水圧に耐えるための覆いは不要になりますから、覆いを取り外すことができます。後は分岐管の先を必要なだけ延長し、事前に閉じられた最初の分岐管の反対側の口を開いてやることで分岐管側にも水が流れ、これで不断水工法による分岐管の作製が完了することになります。これはあくまでイメージで、実際にはもっと洗練された工法となっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *