水周りもいつもきれいにしているという清潔好きの方、その水が通ってくる水道管はきれいなのかどうか不安になったことは無いでしょうか。

もちろん、ある程度劣化した管は定期的に替えられますがそれほど頻繁にお掃除しなくとも、水が流れている限りは汚れも付く前に押し流されてしまうので清潔なのです。ですが、工事の為にと水の流れを止めてしまうとたちまち不衛生な環境が出来てしまいます。断水をすると、清掃も含めて行わねばならないためどうしても時間がかかってしょうがなかったのです。それを不要にしたのが不断水工法です。

不断水工法とはその名の通り水の流れを断つことなく行われる工事のやり方のこと、最近断水がめっきり減ったのもこの画期的な手法が生み出されたからに他なりません。不断水工法のおかげで水がせき止められることがなくなりましたから、常に一定の生活水準は保たれたままです。

工場などでも動きを止める必要がなくなり生産効率は上がりました。飲み水としてだけでなく、家ではお洗濯やお掃除・お風呂にトイレなど、工場でも原料に混ぜたり冷やしたり・硬いものを切ったりと様々な場面で活躍する水、今やその流れがせき止められることはないのです。当たり前と思わず、感謝して大切に使うようにしましょう。現代社会では、気がつかない間に水道管が新しい物に取り替えられたり、新たに新設されていたりします。水道管が古くなってもそのままというわけでもなく安心してください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *