普段生活していて、水の出が悪いという状況に出くわしたことがあるかもしれません。

そういう場合はとにかく修理してもらう必要があるのですが、いったん修理がはじまると給水管を止めた上で分解する必要があることもあり、その分解している間は水が使えなくなります。そういうときに役に立つのが不断水工法です。この方法を使えば給水管にバイパスを通すなどして、交換している間も通常通り問題なく水道水を使うことができるというものです。

この不断水工法はどの業者が適しているのでしょうか。いろんな業者がありますが、やはりその中でもよりいい方を選びたいものです。いい業者はこちらが訪れたときに、不断水工法についてしっかり説明して、この方法だとこういうメリットが、あるいはリスクがあるなど、アドバイスをくれるかと思います。価格も明朗会計で、あとで追加のオプションがこれだけあったからなどと言って、見積もった金額を遥かに超える金額を請求される可能性もあります。

lそうならないためにも、最初から大体どのぐらい費用がかかるかは工事を始める前で、まだキャンセル可能な時期にあらかじめしっかり金額を見積もって、原則としてその予算内でおさまるように工事をしてもらうべきです。万が一増額となっても、その増額が必要となった瞬間にそのお客様に連絡を取って、増額して工事を継続するか、あるいは工事自体をやめるべきのかまでしっかり話をして、妥協点を模索すべきです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *