近年のマスメディアの報道などでも、将来は自治体が供給している水道料金が値上げするのではないかと懸念が生じています。

その理由には都市の地下に張り巡らされている水道管の老朽化の問題があり、随時、その工事を行っていく必要があるからです。他にも人口減少が顕著になっている自治体によっては、利益を確保できず赤字が膨れあがっている点もあり、しかも震災が発生すると、整備をしていく上でも大きな資金を必要とする点もあります。今後、課題になっていく水道管の老朽化問題は避けて通ることができないのも事実で、水道管の更新を行う必要が存在します。

もし従来のような断水による措置を行う形になると、間違いなくコストが莫大にかかる計算になります。莫大なコストは当然、水道料金に跳ね返ってきますので、値上げが確実です。そこでクローズアップされているのは不断水工法で、断水をしないで劣化した水道管を更新することができるようになっています。これにより断水しなくても済むことで、それに対するコストが一切かかることもないため、メンテナンス費用を抑制することにも繋がります。

もっとも場所を必要とせずに不断水工法をすることができるようになり、今までの工法で難易度が高い所でも簡単に行うことができるようになったのも事実です。都市の水道管の老朽化の問題でコスト面を解決する上では、不断水工法は必要不可欠な工法になります。今後は不断水工法自体のコストまでも削減できるレベルまで、開発が進む可能性もあり、その技術の推移が待たれるところです。もちろん水道料金の値上げの問題を解決する救世主になることは間違いありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *