水道管などの工事を行う際、通水を止めず行なう工法があります。

不断水工法と呼ばれるその工法は、文字通り断水することなく行なう、あるいは断水の範囲を少なくする工法のことです。水道管に分岐点を設け、新たな場所への水の供給や、漏水などを起こした不具合箇所の水道管やバルブなどの取替えを行なう際に採られる方法です。分岐点を設ける際、既存水道管に対し何も施さない場合は水圧で水が漏れ出すので、かつては断水させ、工事を行っていて近隣住民に不便なことがあったのですが、不断水工法が確立してからは、断水することなく施工を行うことが可能になりました。

そのため住民に影響を与えないことや、工事が施工会社の施工しやすい計画が立てられるなどのメリットがあります。不断水工法は具体的には、分岐する位置の水道管の周囲をきれいにした後、管を包み込むように器具を取り付けます。そして器具に付属している穿孔機で水道管に穴を開けますが、器具は水漏れしないような構造になっており、また穴あけの際の切りくずは水圧で器具内部で回収される仕組みになっています。その後器具に備わっているバルブを閉じ、穿孔機を外し、分岐する部分に水道管を取り付け終了となります。

不断水工法の概要はこれだけですが、水道管下流にある地域に影響を与えることなく施工できる工法で、複数の会社が専用の機器・器具などを販売、施工を行っています。この工法が開発されるまで、施工前の住民への周知や事前準備は大変で、施工前後の資材の準備や工事中などの苦労は大変なものがありました。1960年前後に開発されたこの工法は、水道管工事の先端技術で、口径2.5mまでの水道管に対応できるものです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *