不断水工法は配管内の通水状態を維持したまま新たなバルブや分岐管を設置するための技術です。

分岐工法と凍結工法の2種類があり、いずれも上下水道における配管工事に広く採用されています。不断水工法が登場する前は、古いバルブを動かして断水を生じさせてから作業を行う必要がありました。この方法では作業に時間がかかるだけでなく、周辺住民への事前の告知など付帯作業も必要になります。工事期間が長いためコストもかかってしまいます。不断水工法では古いバルブを動かして水の流れを止める必要がありません。広範囲に断水が生じないので周辺住民対策は不要です。

また古いバルブに付着していた赤錆が剥離して水が濁ることもありません。以前の方法では濁った水を綺麗にするために、バルブや分岐管を設置した後で配管内の清掃が必要でした。不断水工法ならば工事後に清掃を行う必要がありません。工事期間が短縮されると、人件費などのコストも削減できます。低コストで配管工事を行うことができるので、料金もよりリーズナブルになります。

工事業者は営業効率が向上し、顧客は安いコストで配管工事を依頼することができます。業者と顧客の双方にメリットがあるため、近年では上下水道における多くの配管工事が不断水工法によって行われています。穿孔機のドリルを使用して既設管に穴を開ける分岐工法ならば、完全な通水状態を維持したまま迅速に作業を行うことが可能です。液体窒素で作業箇所の両端を凍らせてバルブの代用品とする凍結工法は、小規模な工事にも柔軟に対応できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *