不断水工法による配管工事は、従来の方法と比較して大幅に工事期間を短縮できるという特徴があります。

1959年に分岐工法が開発されるまでは、断水を生じさせた上で配管工事を行う必要がありました。水の流れを止めるためには内部に赤錆が付着した古いバルブを動かさなければなりません。古いバルブを動かすと赤錆が剥離するため配管内の水が濁ってしまいます。また工事現場の近くにバルブがない場合、広範囲に断水が生じるため周辺住民の生活に大きな影響を及ぼします。不断水工法を採用すれば、断水による様々な問題を根本的に解決することができます。

広範囲に断水が生じることはないので、周辺住民に告知をしたり給水車を手配したりする必要がありません。不断水工法を採用すれば赤錆の付着したバルブを動かすこともないので、工事後に配管内の清掃もせずに済みます。様々な付帯作業が不要なだけでなく、通水状態のまま作業ができるので工事自体に必要な時間も従来の方法より短くなります。

総合的に工事期間が短縮されるため、コストも大幅に削減することができます。通水状態のまま作業を行う技術には分岐工法と凍結工法があります。分岐工法は完全な通水状態のまま穿孔機のドリルで既設管に穴を開け、新たなバルブや分岐管を設置します。凍結工法は液体窒素を使用して作業箇所の両端を凍らせます。凍結部分はバルブの代用品として利用することができます。部分的な断水が生じますが、全体的には通水状態で作業が可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *