不断水工法は大きく2種類に分類でき、それぞれにメリットがあります。

分岐工法は穿孔機のドリルを使用して完全な通水状態を維持したまま配管工事を行うことができます。凍結工法は部分的な断水が生じますが、どのような場所にも柔軟に対応できるという特徴があります。また凍結工法も全体的には通水状態を維持できるので、周辺住民に大きな影響はありません。2種類の不断水工法は、いずれも従来の方法と比較して工事期間が短縮され人件費などのコストを大幅に削減できるという点で共通しています。

分岐工法はもともと上水道の配管工事を行うために開発された技術です。ただし現在では下水道の配管工事にも採用されています。配管が複雑に多条化されているような場所でも、通水状態を維持したまま素早く作業を行うことができます。この方法では穿孔機の他に割T字管と仕切弁を使用します。穿孔機のドリルで既設管の穴を開け新しいバルブや分岐管を設置しますが、割T字管と仕切弁は装着されたまま残ります。

凍結工法は液体窒素を使用して作業部分の両端を凍らせ、バルブの代用品として利用します。必要最低限の範囲に施工することが可能です。大型商業施設などで配管工事を行う場合、従来の方法では建物全体で断水を生じさせる必要がありました。場合によっては営業停止が求められましたが、凍結工法ならば各階ごとに小規模な範囲での施工が可能です。不断水工法を採用すれば、より効率的にバルブや分岐管を設置できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *